So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

<雑記帳>紅白ガニ「めでたい」と水族館の人気者に(毎日新聞)

 福井県坂井市三国町の越前松島水族館で、甲羅や脚が紅白の模様になったズワイガニが公開され、「おめでたい」と来館者の人気を集めている。

 先月18日に同県越前岬沖で水揚げされた中に交ざっていた。重さ約500グラム、甲羅の幅約10センチ、脚を広げた長さが約50センチになる雄ガニで、市場に出回るカニに比べやや小ぶり。

 色素異常とみられるが、飼育員たちも「こんなカニをみたのは初めて」とびっくり。昨年開館50年を迎えた同館。施設も大幅にリニューアルされ、カニも祝福?【幸長由子】

【関連ニュース
【写真特集】沖縄に生息するエビ・カニ類の「種多様性」
【写真特集】水辺や水中の生き物がたくさん 毎日水族館
【写真特集】サンゴ礁:命はぐくむ「海の熱帯林」 世界で3分の1がピンチ
【写真特集】にぎわいの季節:海にあふれる生命 子孫を残す
【写真特集】美しい日本の海 命あふれる水の世界

エコポイント手続き、簡単にします 4月から(産経新聞)
<富士山の日>「2月23日」イベントに300人参加 静岡(毎日新聞)
<松下政経塾出身>「自民から出馬」希望 民主「空き」減り(毎日新聞)
埼玉男性殺害で地検、女を起訴=練炭自殺を偽装−千葉不審死も本格捜査へ(時事通信)
外国人参政権法案「議員立法を用意」 民主・川上氏(産経新聞)

知人女性を殺害、財布など奪う=強盗殺人容疑で男逮捕−大阪府警(時事通信)

 大阪府河内長野市のマンションで今月、住人の女性(42)の遺体が見つかり、室内から財布などが奪われる事件があり、大阪府警捜査1課は19日、強盗殺人容疑で、住所不定、無職城田修一容疑者(23)を逮捕した。同課によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は1月16日ごろ、同市小山田町の知人女性の自宅マンション浴室で、女性をおぼれさせて殺害し、財布や腕時計などを奪った疑い。 

【関連ニュース
【動画】ティファニー強盗、映像公開
強盗殺人容疑で男を逮捕=マンションに女性遺体
「金なくなり自暴自棄に」=竪山容疑者を送検
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが
強盗殺人罪、女を追起訴=2人目殺害、詰めの捜査

タミフルを無許可販売=輸入代行業者を再逮捕−大阪府警(時事通信)
<入国審査汚職>収賄側の元審査官、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
東アジアの文化交流推進=鳩山首相(時事通信)
子ども手当法案が審議入り=3月中の成立目指す−衆院(時事通信)
東大阪市のDVD店に強盗、22万円奪う(産経新聞)

武田信玄像は別人? 代表的肖像画めぐり真贋論争(産経新聞)

 でっぷりと貫禄(かんろく)ある体形で、大入道のような頭に豊かなヒゲをたくわえた戦国武将、武田信玄の肖像画…。長く教科書に載り、多くの銅像などのモデルとなった絵が「別人ではないか」との疑問が近年、研究者から相次いでいる。別人説をとる研究者は、従来のイメージとは違う肖像画を「本物の信玄像」と主張。地元・山梨も巻き込んだ真贋(しんがん)論争が起きている。

 信玄の肖像画は多いが、ほとんどは江戸期以降に想像で描かれたものだ。希少な生前の肖像とされながら、別人との疑いが出ているのは、武田家ゆかりの寺、高野山成慶院(和歌山県)が所蔵する長谷川信春(等伯)筆の「武田信玄像」(重文)だ。

 中世絵画に詳しく、『武田信玄像の謎』などの著書で別人説を主張する藤本正行・国学院大講師(61)によると、成慶院所蔵の肖像は(1)39歳で出家した信玄の晩年の姿とされるのに髷(まげ)がある(2)太刀と腰刀に描かれている家紋が信玄の花菱紋ではなく二引両紋(ふたつひきりょうもん)(3)長谷川等伯はこの絵の制作時期、出身地の能登を中心に活動し、武田氏との接点もない−などの疑問点を挙げ、「信玄でないことは確実」という。この等伯の肖像画は、現在、ほとんどの教科書から消えている。

 藤本さんはこの絵の真の像主について、等伯の地元・能登の武将で二引両紋を家紋とした畠山氏の有力者と推定している。

 一方で、寛文9(1669)年に成慶院が出羽武田家にあてた預かり品の目録状が残っており、そこには「信玄公御寿像 一幅 逍遙(しょうよう)軒筆」と記されている。逍遙軒とは絵画が巧みだった信玄の弟、信廉(のぶかど)のことで、等伯筆の絵とは別の肖像が当時成慶院にあったことを示している。

 藤本さんはこの肖像の行方を調査し、「逍遙軒筆 信玄公像」と注記した同じ図柄の甲冑(かっちゅう)姿の模本を複数確認。その中で、都内の寺院が所有する「伝・吉良頼康像」が、現存する最も古く良質な模本だと結論づけた。

 室町後期の高位武将を描いた写実的な肖像で、薄い髪や目の周りのシワに多少年齢が感じられるが、鋭い目が印象的。定着した「かっぷくのいい猛将イメージ」とはかなり違う。

 信玄の地元・山梨の反応はさまざまだ。

 同県の週刊新聞「山梨新報」の斎藤芳弘元会長(84)は先月、藤本さんの説に立つ『細面だった武田信玄』を著し、逍遙軒画の模本を大きく取り上げて話題を呼んだ。斎藤さんは「今までの信玄像は別人との認識は山梨でも定まっていたが、それに代わる信玄像が統一されていなかった」と指摘する。

 ただ、肖像画を見た読者からは、「この顔では勇猛さに欠ける」という反応もあったといい、今後も論争が続きそうだ。(磨井慎吾)

【関連記事】
バルチック艦隊と温暖化
巨人・松本、グラブに「風林火山」刻む
【サブカルちゃんねる】幸村、信長ら操り天下取り Wii向け「戦国無双3」も登場
歴史マニア必見アイテム「戦国武将印鑑」
山本勘助を証明、古文書購入へ 山梨県教委

<民主党>生方氏ら政調設置の要求方針 執行部は警戒感(毎日新聞)
志賀原発2号機が営業運転再開=北陸電(時事通信)
CS証券元部長、1.3億脱税 株売却益隠す 国税告発(産経新聞)
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ(産経新聞)
<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)

<ストーカー容疑>ノエビア元副社長を逮捕へ 別の女性にも(毎日新聞)

 交際していた女性の夫に嫌がらせのメールを送ったとして逮捕された大手化粧品会社「ノエビア」(神戸市中央区)元副社長、大倉尚容疑者(43)=同市東灘区=について、兵庫県警は、この女性にも嫌がらせメールを送るなどしていたとして、ストーカー規制法違反と脅迫などの容疑で逮捕状を取った。23日午後にも再逮捕する。

 捜査関係者によると逮捕状の容疑は、交際していた20代女性から別れを告げられたことに立腹、女性が結婚した後の昨年10〜11月、女性に「交際していた時の写真をばらまくぞ」「会いたい」などのメールのほか、女性の行動を監視している内容のメールを送ったとしている。県警は復縁したくてメールを送ったとみて調べている。

 大倉容疑者は今月2日、逮捕され、ノエビアの副社長や子会社の常盤薬品工業(大阪市中央区)の社長を辞任した。【村上正】

【関連ニュース
石巻2人刺殺:宮城県警がDVとストーカー被害再度検証へ
石巻2人刺殺:被害者、トラブルを「何度も警察に相談」
ストーカー:ノエビア副社長を容疑で逮捕 兵庫県警
宮城・石巻の2女性刺殺:県警本部長、DV被害再検証
ストーカー:ノエビア副社長、容疑で逮捕−−兵庫県警

<雑記長>120年前沈没のトルコ軍艦に明治天皇寄贈の遺品(毎日新聞)
鳩山首相、実母の資金提供問題で陳謝=国民に納税求める−党首討論(時事通信)
義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望(産経新聞)
調査捕鯨は合法的活動=豪首相と協議へ−岡田外相(時事通信)

CS証券元部長、1.3億脱税 株売却益隠す 国税告発(産経新聞)

 スイス金融大手の日本法人「クレディ・スイス(CS)証券」(東京都港区)の日本法人元部長が、賞与として受け取った親会社株の売却益などを隠し、約1億3千万円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反罪で東京地検に告発していたことが19日、分かった。CS証券では社員ら約100人が、ストックオプション(自社株購入権)で獲得した所得計約20億円の申告漏れを国税当局から指摘されていたことも明らかになった。

 告発されたのはCS証券の八田隆元部長(46)=カナダ在住。

 関係者によると、八田元部長は外国債券営業部長などを歴任。賞与の一部をスイスの親会社株で受け取っていた。平成19年に退職した後、親会社株を海外市場で売却し、多額の利益を得ていたが、申告していなかったとされる。

 一方、CS証券社員らは、平成19年までにCS株を取得したが、東京国税局などに申告していなかったとされる。国税当局が所得を把握しにくい海外の口座で自社株を取得、運用していたケースもあり、追徴税額は計約8億円に上るとみられる。

 CS証券は産経新聞の取材に「納税は社員個人のことでありコメントはない。ただ、会社として社員への申告の指導は行っている」とした。

<五輪スピード>高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
月1万円の賃金引き上げや定期昇給を要求へ―介護クラフトユニオン(医療介護CBニュース)
「可視化」実現へ協力求める=法相が検察幹部に訓示(時事通信)
千葉大生殺害、荻野さんに「卒業証書」(読売新聞)
派遣法改正案を諮問、名称・目的に「保護」付く(読売新聞)

飲酒運転で懲戒免職、元教諭の処分取り消し確定(読売新聞)

 飲酒運転をしたとして懲戒免職処分になった佐賀県立高校元教諭の男性が同県に処分の取り消しを求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は県の上告を棄却する決定をした。

 決定は18日付。懲戒免職処分を取り消した1、2審判決が確定した。

 1審・佐賀地裁、2審・福岡高裁判決によると、同県教委は、元教諭が学校関連の会合や2次会で飲酒した後に車で帰宅していたとして、2006年7月20日付で懲戒免職にした。

 元教諭は飲酒運転の翌日に交番に呼び出されて呼気検査を受けたが、検出されたアルコール濃度は道路交通法で酒気帯び運転とされる基準値以下で、1、2審は「運転時に基準を超えていた証拠はなく、処分は重すぎる」と判断していた。

桜の開花日 予想ばらばら 民間3機関(毎日新聞)
美沙さんの告別式=親族ら、最後の別れ−石巻・3人殺傷(時事通信)
自民・川崎氏、石川議員の辞職勧告案の採決要求=民自公の国対委員長が会談(時事通信)
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和(産経新聞)
<枝野行政刷新相>法令解釈担当に 鳩山首相の意向で(毎日新聞)

北教組資金問題、小林氏事務所や委員長室で授受(読売新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)側が、北海道教職員組合(北教組)側から総額1600万円の選挙資金を違法に受け取ったとされる問題で、資金の授受は北教組の委員長室や小林氏の選挙事務所内で行われていたことが16日、関係者への取材で分かった。

 小林氏は、解散ムードが高まった2008年9月、北海道江別市内に選挙事務所を開設したが、解散は翌年7月にずれ込み、事務所の実質的な会計責任者だった男性(46)によると、08年11月頃には事務所維持が「非常に厳しい状態」になった。

 男性が、陣営の選対委員長だった北教組委員長に「もうどうにもなりません」と泣きつくと、約1週間後、札幌市内の北教組に呼ばれ、委員長から「これで足りるか」と現金400万円を渡されたという。

鳩山首相の実母ら証人喚問、自民が要求(読売新聞)
<GWG買収>韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検(毎日新聞)
東北の販売店 プリウス修理開始 不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
<IOC>南京で14年夏季ユース五輪 総会で決まる(毎日新聞)
滋賀・嘉田知事が出馬表明 「もったいない」生かす社会を(産経新聞)

<密輸容疑>中華まんの具は“覚せい剤”台湾籍の20歳逮捕(毎日新聞)

 中華まんの具は白い粉−−。東京税関成田支署と成田空港署などは12日、台湾から覚せい剤を持ち込んだとして台湾籍の無職、張浩淳容疑者(20)を覚せい剤取締法違反(密輸)などの疑いで現行犯逮捕したと発表した。千葉地検は同日起訴した。

 逮捕容疑は、1月22日、台湾からキャセイパシフィック航空機で成田国際空港に到着した際、スーツケースに入れた中華まん306個の中に、ビニール袋で小分けした覚せい剤計約1.9キロ(末端価格約1億1600万円)を隠して密輸しようとしたとしている。

 同支署によると、税関職員がX線検査で発見した。当初は中華まんの具のようにも見えたが、中華まんを入れたパッケージに具の表記がなかったため気がついたという。同支署によると、中華まんに隠したケースの摘発は初めて。張被告は「報酬15万台湾ドル(約43万5000円)の約束で台湾人の男から預かった」と話しているという。【駒木智一】

【関連ニュース
大麻所持:ミュージシャン・竹前裕容疑者を逮捕
覚せい剤:病院事務部長を使用容疑で逮捕 神奈川県警
覚せい剤:末端価格1.5億円 所持の容疑者逮捕
薬物密売団:愛知県警などが摘発 イラン人容疑者を追送検
覚せい剤所持:名古屋地裁が無罪判決 第三者の可能性指摘

ネット経由の買い物代行が人気 最新ファッション・北欧家具を気軽に(産経新聞)
北海道教組から民主・小林議員側へ1000万円超の裏金か 札幌地検が捜査(産経新聞)
経産省、オバマ流でIT政策への意見募集(読売新聞)
朝青龍の知人を任意で事情聴取 暴行問題で警視庁(産経新聞)
【ゆうゆうLife】病と生きる 俳優・小西博之さん(50)(産経新聞)

加治前グラブ盗んだ男逮捕…車上狙い200件以上(スポーツ報知)

 神奈川県警座間署は15日、プロ野球・巨人の加治前竜一外野手(24)の車から野球用具などを盗んだとして、窃盗の疑いで住所不定、無職の徳本孝之容疑者(41)=覚せい剤取締法違反で起訴=を再逮捕した。「盗んだ後にプロ野球選手のものと気づいた。ほかに車上狙いを200件以上やった」と供述しており、同署では裏付け捜査を進めている。

 徳本容疑者の逮捕容疑は、1月22日朝、神奈川県厚木市の駐車場内にあった加治前選手の車のガラスを割り、グラブ、バット6本、スパイク3足など野球用具とゴルフバッグなど38点(総額30万円相当)を盗んだ疑い。

 同署幹部によると、徳本容疑者は同県小田原市、座間市、相模原市などでも犯行を繰り返していたことを認めており「200件以上、車上狙いをやった」と供述している。車内から脱出する際に使用する「レスキューハンマー」という器具でガラスを割ったとみている。

 セダンタイプの場合、後部トランクを開ける手間がかかるため、主にハッチバック(荷物室と車室が隔てられていない形状)タイプの車を狙っていたという。同署幹部は「加治前選手の車もハッチバックだったため、標的になったようだ」と話している。同署では供述などをもとに、裏付け捜査を進めている。

 徳本容疑者は昨年11月、神奈川県内を盗難車で走行中に事故を起こし、そのまま逃走。車内から微量の覚せい剤が検出されたため、座間署は覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕状を取っていた。窃盗事件の届けがあった1月22日正午すぎ、署員が相模原市内の中古スポーツ用品店の前にいた徳本容疑者を発見、逮捕した。乗っていた車から、加治前選手の野球用具などが見つかった。

 徳本容疑者は、加治前選手の車から野球用具を盗んだ後に、巨人のロゴや名前などが入っていることに気づいたという。「(中古スポーツ用品店で)これまで盗んだものを売るつもりだった」と話し、加治前選手の用具については「返さなくちゃと思っていたが、返す前に逮捕された」と供述している。

 【関連記事】
盗まれた金の置物発見
女子高生が尾行、窃盗の男を逮捕

首相動静(2月8日)(時事通信)
五輪スピード 「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)
<政治資金規正法>今国会中の改正に首相意欲(毎日新聞)
解体工少年から「罪をかぶれ」17歳少年が供述…石巻3人殺傷(スポーツ報知)
社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)
前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。