So-net無料ブログ作成

陛下、カルザイ大統領と会見(時事通信)

 天皇陛下は17日午前、来日中のアフガニスタンのカルザイ大統領と皇居・宮殿で会見された。
 宮内庁によると、陛下が「アフガニスタンの国造りはいろいろとご苦労があって大変ではないでしょうか」と質問すると、カルザイ大統領は「日本の援助は、国民にとって目に見える形での支援になっています」と謝意を示したという。
 外務省によると、カルザイ大統領はアフガニスタン支援策について協議するため、16日に来日。広島の平和記念公園などを訪問し、20日に離日する。 

【関連ニュース】
「取り巻き優遇」批判に反論=稲盛日航会長がメッセージ
米議員、批判の嵐に変化も=公約実践が不可欠
「会社再生に全力尽くす」=公聴会終え決意
施設部隊に高い期待=国連代表、陸自隊長に
医療援助求める=日本の支援に謝意

<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
<交通事故>ワゴン車とトラックが衝突 5人死傷…宮城(毎日新聞)
菅内閣 平均年齢59歳、政経塾出身者3人も(産経新聞)
新型「さくら」公開=来春、山陽・九州新幹線直通(時事通信)
引き揚げ漁船捜索=10人死亡・不明、沈没事故―長崎(時事通信)

【明美ちゃん基金 ベトナム医療団】4人とも順調に回復(産経新聞)

 【ハノイ=油原聡子】ベトナムの現地医師とともに、先天性心臓病に苦しむ子供たちの手術を行った日本の医療団は3日、集中治療室を訪れ、回復状態を確認した。医療団は滞在の5日間で、4歳から21歳の4人の手術を指導、全日程を終え4日帰国する。

 心房中隔欠損などの手術を受けた男児グエン・ニャット・ミンちゃん(4)は、もう起きあがれるようになり、母のアインさん(30)が顔を見せると手を延ばした。執刀したグエン・ホアン・ハー医師によると、ミンちゃんと、ファロー四徴症の手術を受けたファム・ティ・モーさん(13)は順調に行けば1週間から10日、ファロー四徴症に動脈管開存症などの合併症があった少年、フィー・バー・ティンさん(17)は2週間ほどで退院できるという。

【関連記事】
「明美ちゃん基金」日本医療団、ベトナムで手術指導へ
形をかえた恩返し「祖国の未来のために」 ベトナムの秋田医師
明美ちゃん基金 目指すは「命を釣り上げる“釣りざお”」
ギタアリヤちゃん、最後の手術延期し一時帰国へ
3つの心疾患の男児を4回の手術で治療 長野県立こども病院

口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)
首相、退陣拒否 きょう再会談(産経新聞)
全国で30人追加提訴=原告、首相辞任に「困惑」―B型肝炎訴訟(時事通信)
授業参観日に女児が転落死 兵庫・篠山の小学校(産経新聞)
障害者制度改革、月内に基本方針を閣議決定へ(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。